以前、某テレビ局の情報番組で、「妊娠を計画した場合、奥さんだけでなく旦那さんも葉酸を摂取した方が良い」と放送されたことがあります。

そのときの放送は、ある検証結果から奥さんだけが葉酸を摂取した場合に比べて、夫婦そろって葉酸を摂取した場合の方が赤ちゃんが障害を持って生まれてくる率がさらに60%ほど減ったという内容でした。

また、この奥さんとともに妊娠計画中の旦那さんも葉酸の摂取すると良いということは、アメリカのカリフォルニア大学バークレー校のDr.ブレンダ エスケナージの研究結果としても発表されています。

この研究結果は、ヒューマン・リプロダクション誌の電子版に、「葉酸による精子の染色体異常に与える影響」についての記事として発表され、葉酸は男性の精子を正常に保つのにも役立つ栄養素だそうです。

そして、男性でサプリメントや緑葉野菜などで、葉酸を多く摂取していると精液の異常が少なく特に染色体が異常な精子が少ないことがわかったそうです。

例え健康な男性であっても、その1~4%がいくつかのタイプの染色体異数性をもっていると考えられるそうです。

実際の研究では、葉酸の摂取量が上位25%の最も摂取量が多いグループに比べ、摂取量の少ないグループは、いくつかのタイプの染色体異常数が20~30%も高かったそうです。

この研究結果の内容から、妊娠計画中の男性も葉酸を摂取すると良いと言われています。

葉酸を多く含む食材はいろいろとありますが、全てを食事で補うと言うのは大変なことでもあります。

何故なら、大半の栄養素は熱に弱いということがあるからです。

多くの栄養素は、熱によって成分が壊されその活性を失う傾向にあります。

特に、葉酸は熱に弱い栄養素と言われています。

つまり、葉酸は調理によって加えられる熱により、本来の効果がほとんど得られなくなってしまうのです。

食事から葉酸を摂取するのであれば、加熱調理されていない食材から摂取する必要があります。

葉酸を効果的に摂取するには、やはり葉酸サプリで補うのが良いでしょう。

妊娠を計画しているのであれば、奥さんだけではなく旦那さんも一緒に葉酸を摂取しましょう。

yousanpoint

yousanhikaku