先天性異常新生児はどうすればよい?と後悔する前に葉酸サプリメントでリスクを下げる

先天性異常新生児はどうすればよい?と後悔する前に葉酸サプリメント

先天性異常で産まれてしまった新生児を抱えどうすればよい?と悩み思案に暮れる方は、非常に多いのです。

 

ある日、病院から先天性異常の再検査を受けに来てほしいと連絡を受け驚いてしまう。

 

当然、産まれたばかりの我が子に起こった突然の話に不安は募るばかりです。

 

ましてや、退院前から何か先天性異常を疑うような症状があったというわけでもないのに、突然の先天性異常の再検査の連絡となれば殊更のことです。

 

こんな場合は、入院中に受けた血液検査で、何らかの先天性異常が疑われる部分が見つかったために来た連絡です。

 

入院中に受ける新生児の血液検査では、生まれつきの異常を全てを調べます。

 

ただ、疑いが先天性代謝異常の場合であれば、早期発見、早期治療で、成長発達に全く障害なく成長していきます。

 

しかし、新生児の段階でほうっておくと、成長障害や知能低下などの後遺症を残してしまうこともあります。

 

ですから、正しく診断を受け、治療を受けなければなりません。

 

先天性代謝異常を持って新生児として生まれてきたとしても、今は、この病気に対しての治療法が確立されています。

 

もし万が一、先天性代謝異常と診断されても、しっかり治療をしていけば、体や知能に障害は出ることはありません。

 

でも、産まれてしまってから先天性異常の心配をし、不安を抱えてしまうよりは、 妊娠前から、遅くとも妊娠した段階で、そのリスクを下げる努力をした方が安心です。

 

先天性異常を持った新生児として産まれるリスクを下げるために、2000年から厚生労働省が1日あたり400㎍以上の摂取を推奨している葉酸。

 

葉酸は、先天性異常のリスクを約70%下げることができる栄養素で、食事だけでは推奨される1日あたり400㎍という量を摂取できないために、サプリメントなどで付加摂取を厚生労働省でも推奨しています。

 

葉酸サプリメントの摂取で、先天性異常のリスクを下げるように努力することで、安心して妊娠、出産を迎えることができます。

 

先天性異常を抱えた新生児として、我が子が生まれて来て後悔する前に、葉酸サプリメントで、しっかりとリスクを下げる努力をする。

 

それが、産まれてくる我が子のためであり、その産まれてくる新生児のお母さんとなるあなたのためなのです。

 

葉酸サプリメントは、色々と出まわっています。

 

ですが、葉酸サプリメントであればどれでもというわけではありません。

 

葉酸サプリを選ぶポイントをしっかりと押さえ、あなたにあったものを選ぶようにしましょう。

 

葉酸サプリメントの選び方のポイントは、次のページを参考にしてください。

 

 

上記のページで、葉酸サプリメントの選び方を参考にしたうえで、以下のページで自分にあったものを探して摂取することをおすすめいたします。

 

 

 

関連ページ

神経管閉鎖障害
先天性異常の一つ神経管閉鎖障害とは、どんな症状?
妊婦が抱える先天性障害の不安
多くの妊婦さんが抱えるお腹の子の先天性障害に対する不安を取り除くには、どうすれば良いのでしょうか?