先天性異常のリスクを下げてくれる葉酸

葉酸で先天性異常のリスクを下げる

先天性異常のリスクを下げるには、どのような方法があるのでしょうか?

 

実は、この25年間で先天性異常の中でも二分脊椎症の発症は2倍にもなっています。

 

この調査結果を受け、2000年に厚生労働省は、妊娠を計画している女性と現在妊娠をしている女性等に、ビタミンB群の一つである葉酸を、1日あたり400㎍以上を栄養補助食品等で毎日、付加摂取することを推奨しました。

 

ビタミンB群の一つである葉酸は、この先天性異常のリスクを約70%下げることができる栄養素なのです。

 

但し、その為には、受胎前3ヵ月から妊娠中毎日摂取する必要があります。

 

と言っても、妊娠の50%は計画的なものではありません。

 

その為、厚生労働省は、妊娠可能な年齢の女性全員が400㎍の葉酸を毎日摂取する事を推奨しているのです。

先天性異常のリスクを下げる葉酸記事一覧

葉酸

【目次】葉酸の働き葉酸の摂取はどのくらい必要?葉酸とは、妊活中、妊娠中、そして授乳中にまで必要な栄養素で、ビタミンB9と呼ばれる水溶性のビタミンB群の一種です。水に溶けやすいビタミンであるため、水洗いや加熱調理によって大きく損失し、過剰に摂取しても尿中に排出されるという特徴があります。また、赤血球の...

≫続きを読む

葉酸の種類

葉酸には、色んな種類があるということを知っていましたか?多くの方は、葉酸であればどれでも同じだと思っているようです。葉酸の効果が知れてくるにつれて、需要に応えるかのように今は、ネット上でも色んな葉酸サプリが販売されています。でも、葉酸には色んな種類があるということはあまり知られていません。葉酸にはモ...

≫続きを読む

葉酸の必要性

葉酸の必要性は、2000年から厚生労働省が、妊娠可能な女性全てに葉酸をサプリメントなどの栄養補助食品などからの付加摂取を推奨しているほどですが、なかなか進んでいないのが現状です。そのような状態にしびれを切らし、葉酸の必要性を要望書と言う形にまとめ、食品メーカーなどの業界団体に、専門医などのグループが...

≫続きを読む

葉酸を摂取する時期

葉酸は、どれくらいの期間、摂取を続ければよいのでしょうか?妊娠計画中妊娠計画中の1年~2年間は、先天性異常のリスクを下げるために摂取することが推奨されます。妊娠中妊娠中の約1年間は、健康な赤ちゃんを生むために摂取することが推奨されます。授乳中授乳中の約1年~2年間は、母乳で育つ赤ちゃんとお母さんの健...

≫続きを読む

葉酸は妊娠計画中の男性にも必要

実は、奥さんとともに妊娠計画中の男性も葉酸の摂取すると良いという研究結果が発表されています。アメリカのカリフォルニア大学バークレー校のDr.ブレンダ エスケナージ(BrendaEskenazi)が、Human Reproduction(ヒューマン・リプロダクション)誌の電子版に発表した「葉酸による精...

≫続きを読む

葉酸サプリは胞状奇胎の予防に良いサプリメント

胞状奇胎に良いサプリメントを探している方の中には、葉酸サプリで予防することができるの?と思っている方も多いようです。胞状奇胎というのは、胎盤の元になる絨毛が、子宮内で異常に増えてしまい、子宮内が絨毛でいっぱいになってしまう病気です。その発症率は、500人に1人の確率で起こるとされていて、妊娠4週から...

≫続きを読む